(一社)日本観光文化協会

講師プロフィール

JMCグループ会長

小塩 稲之

Koshio Ineyuki

経歴

大手流通グループ広報室、代表室勤務、第3セクターテレビ局eメディア事業部長、高等学園理事、eラーニング推進協会理事長、経済産業省セールスレップ普及検討委員会委員、東北経済連合会販売支援ディレクター、公的機関助成金評価委員、経済産業省ベンチャー企業公的調達促進研究委員などを歴任。
観光資源の5体系活用による「場おこし学」の提唱者であり、マネジメントマーケティングの提唱者。
その代表的開発ツールにMM戦略シート、MM戦略会議(MMC)、MM戦略会議プログラム(MMP)、マネジメントマーケティング商品企画開発ステップ10などがある。
現在、一般社団法人日本販路コーディネータ協会理事長、一般社団法人日本観光文化協会会長、日本商品開発士会会長などを勤める。

「商品開発学-商品はこうしてつくる 」「観光地域コーディネートのための 『コトづくり、モノづくり、場おこし学』」「メディアづくり」「つくるから売れるへ」他多数


MMP総研代表理事

岡田 吉晴

Okada Yoshiharu

経歴

ソニーにてマーケティングプロデューサー、営業所長を歴任。社内研修講師も担当後、独立。プレゼンテーションセミナー、新人研修で「聴衆をその気にさせる話し方の技術」に関する講演等、新人から経営者まで幅広く対応。 話し方のイロハからプレゼンテーションの立ち位置、ボディーランゲージ、アイコンタクト、パワーポイントの資料作成技術まで解りやすく解説する。
さらにグループワークを取り入れた体験型セミナーも実施。人の行動心理を活用した実践セールストーク作成セミナーも好評。

「聴衆をその気にさせる、プレゼンテーション、話し方の技術」「人の行動心理を活用するセールストークづくり」「社内インストラクター速成講座」など。
JMCグループ認定研修において、受講者から高く評価されている。


チーフインストラクター

島野 裕子

Shimano Yuko

経歴

アサツーディ・ケイ(ADK)、ボーゼル明通などの広告代理店勤務にて、企業の広報戦略、マスコミ対策などPR分野を従事。
その後、PR代理店を経て、2010年には広報部、宣伝部がない中小企業専門の広報の代行、販売促進関連のコンサルティング活動を主体にした株式会社ファイブシーズンを設立。品川区、千葉県、岡山県など行政からの依頼による、広報、マーケティング、地域活性化の為の人材育成講師、創業支援の起業家育成のためのビジネススクール講師を担当。中小企業の事業計画策定の支援、コンサルティング、補助金活用アドバイスなども行う。
主要講演:「広報のプロが教える『パブリシティ獲得』のテクニック 」「中小企業・ベンチャー企業のための広報対策」「広報と広告の違い~戦略的なPRとは何か?~」


チーフコーディネーター

北 賢治

Kita Kenji

経歴

全国各地域で開催される公的支援機関、商工会議所、商工会主催の販路開拓支援事業のIT、精密、流通系商材の販路コーディネータ。
有限会社アクセス東京代表(セールスレップ協同組合加盟)。
製品評価委員、セールスレップマッチングコーディネータ。
JSRA認定セールスレップ・マイスター、JMC認定販路コーディネータ1級、JMC認定講師、日本観光士会認定講師、経済産業省認可セールスレップ・販路コーディネータ協同組合事務局長、MM統括リーダー。


チーフインストラクター

梅津 惇男

Umetsu Atsuo

経歴

日系企業で生産管理に従事し、自動車メーカー営業担当、人事、海外企業買収調査業務などを経て、外資系企業で人事部門責任者として、日本人、外国人の採用や教育に携わる。
その後キャリアカウンセラー、類型心理学エニアグラムの知識や経験をいかしてカウンセリングや各種セミナーの講師、セールスレップや観光士など各種講座の講師を行政、支援機関、専門学校、企業内研修などで行っている。
観光コーディネターの資格を活かし、さいたま市岩槻区旧区役所跡地検討委員会の委員としても活動。
JSRAセールスレップ・マイスター、JSRA日本セールスレップ協会認定講師。
主要講演:「従業員を人財にかえる」、「社内キャリアカンウンセリングの重要性」「時代に即した人事制度」他多数

お申込み

日時
2020年9月予定
場所
赤羽会館予定
受講料
一般:2日間 65,000円(税込)
一般:1日選択受講 33,000円(税込)
※JMCグループ資格会員の方は、2日間60,000円(税込)となります。
※プログラムは一部、内容が変更となる場合がございます。